クトゥルフ神話TRPGシナリオブック 「紅と蒼のコントラスト」

中編(プレイ時間約6時間)の「紅き幻想の円舞曲」と 長編(プレイ時間9時間以上)の「空に響くは悲しき囀り」 の二本を収録しています。

プレイ人数:3~4人 舞台:現代日本

【あらすじ】
◆「紅き幻想の円舞曲」  季節は冬の終わりが近づく2 月。 何気なく旅行雑誌を見ていた探索者たちはとある県の丘の上に立つホテル 「紅幻想館」の特集記事に目を止める。 ホテルから見える雪景色は幻想とも呼べるような美しさを持つらしいのだ。 興味を持った探索者たちはその美しい景色を見るため「紅幻想館」へと足を運ぶ。
◆「空に響くは悲しき囀り」  9月の上旬、友人の『百舌鳥 妃奈子』という人物から浅見町にあるファミリーレストランへと呼び出された。 探索者に伝えたいことがあるそうだ。 口を開いた彼女から出たのは『幸せになるはず』の言葉。しかし彼女の表情は暗い。 その日から探索者は事件へと巻き込まれていく。

 

boothショップ内にて
・書籍版
・両シナリオ入りPDF版
「紅き幻想の円舞曲」PDF版
・「空に響くは悲しき囀り」PDF版
をご用意。