ここは箱庭。
ここは鳥籠。
ここは遊び場。
ここは巣箱。
ここは孤児院「囀りの家」。

 ――男が語る。
  「我々の世界は知覚によって成る」
  「視覚。聴覚。味覚。触覚。嗅覚。あるいは伝聞。あるいは痕跡」
  「そう」
  「ここに、ひとつの痕跡がある」
  「土地の登記書。幾枚かの写真と記録。名簿。雑貨、食品の納入伝票」
  「我々はこの地に何があるかを知っている。たとえこの目で見たことがなくても」

    「だがここは、本当に存在するのだろうか?」

  シノビガミ『鳥籠のイデア』

現代(退魔)編 対立型 4人用

————————-

深山に其は在り

其の腕は地を刳り
其の翼は空を打ち
其の尾は木々を薙ぎ
其の血は傷を塞ぎ
其の肝は万物の霊薬となるという

其を、深山の妖魔という

  シノビガミ戦国退魔編「薬喰い」

戦国退魔編 バトルロイヤル型 4人用

————————-

はらのなかにあるぬくもり
むねのなかにあるいとしさ
いまだうまれぬ、このこのなは

  シノビガミ「いとし、このなは」

――それは、忘れえぬ呪いとなりしもの

現代編 対立型 2人用

————————-

冊子(オンラインセッション用DLあり)/A5版/50P/¥1200
シノビガミの対立/バトロワシナリオ集です。
年齢制限はつけておりませんが、収録されたシナリオには過激な内容が含まれています。