ダブルクロス The 3rd Editionのシナリオ「名もなきモノの、決着を」と、 そのシナリオをプレイした様子を読み物にしたリプレイを収録したシナリオ&リプレイ本。

 

トレーラー

ある日理不尽に奪われた日常。
なんら意識することなく抱えていた幾つもの「いつもの」は、
実はとてもとても貴重で、大切なものだったと、思い知る。

今から始まるのは、それら大切なものを取り戻すための物語、ではない。
これはただやりきれない気持ちに整理をつけるだけの、つまらない話だ。

救われる者はいない。すくいあげられるモノなど一つもない。
だから、本来なら題名をつけるほどのものでもない。
呼び名がないと不便だからこう呼ぶ、ただそれだけの話だ。

ダブルクロス The 3rd Edition
「名もなきモノの、決着を」

さあやり遂げろ、復讐を!
それだけがお前の憎悪を薄める、唯一の手段だ!!

 

シナリオデータ

プレイヤー人数:4人
必要ルールブック:基本、上級、エフェクトアーカイブ、リンケージマインド
推奨ルールブック:パブリックエネミー(PC1の指定ワークスがFHチルドレンのため)、(GMのみ)ユニバーサルガーディアン(リバースハンドアウトを採用しているため)
(一部のNPCデータにレネゲイドウォー、ヒューマンリレーション、バッドシティのデータを採用しているが、データを調整して使用しないことも可能)
経験点:基本130点+配布20点+イージー専用4点 計154点
プレイ時間:5時間~7時間

 

シナリオ概要

「名もなきモノの、決着を」は、復讐のために生きてきた少年/少女と、その復讐を遂げさせるために彼を育てた一人の男、そして彼等を取り巻く人々の、運命の交錯を描く4人用シナリオです。
PC1のみワークスがFHチルドレン、PC4にのみリバースハンドアウトを採用、など少し変則的ですが、マスタリングがしやすいようにシナリオの記載を工夫しています!マスタリングにあまり慣れていないGMの方でも安心です。
シナリオの構造は少し変則的ですが、内容はダブルクロス“らしい”シナリオになっています。(後述「シナリオの内容について」もご一読下さい)
なお、使用ルールブックや消費経験点などの関係上、初めてダブルクロスをプレイする方には、少し難しいかもしれません。

 

シナリオハンドアウト

 

シナリオの内容について

注意:下記は、ネタバレというほどでもありませんが、シナリオの内容・結末、その方向性について触れています。
購入して内容読まれる予定の方は参考にして頂きたいですが、PLとして通過予定のある方は、読まないほうがよいかもしれません。

(伏せ部分は文字を反転してお読みください。スマートフォンなどからご覧の方はテキストをコピーしてお読み頂ければと思います。)

本シナリオは、毒入りです。(リプレイ卓に参加したPLの感想より)
もう少しだけ具体的にいうと、PCの行動ではどうにもならない部分で、PCやPLにとって「バッドエンド」だと受け取れる結末となる可能性があります。
もちろんGMのマスタリングやPCの設定によっても多少変わるでしょうが、基本的にはトレーラーにもある通り、『救われる者はいない。すくいあげられるモノなど一つもない。』お話となっています。
ご購入の際、およびこのシナリオでセッションを行う際には、ご注意ください。