ゼロから始めるVRChat 第8回 VRChatが重いときの対処方法

ゼロから始めるVRChat

ゼロから始めるVRChat、前回までの記事はこちら。

ゼロから始めるVRChat
出展ワールド:City of Glass

VRChatに慣れてくると、ときには困ったことが増えてきます。
画面が重くて動きづらかったり、マウスカーソルが画面の外に飛び出してしまったり。

そんなときの対処法をご紹介いたします。

軽いワールドに移動する

ゼロから始めるVRChat
出展ワールド:YAYOI SPRING PROMENADE

画面が重いときにまずとっておきたい対処法が、ワールドの移動です。

広いワールドものがたくさんあるワールドは、どうしても全体が重くなってしまいがちです。動くものが多い場所反射光がある場所は、さらにパソコンへの負荷が大きいですね。

それでも画面が軽くならないときには、画面設定の調整を行いましょう。

画面設定の調整

画面設定の調整は、VRChatを起動する前に行います。

まず、アイコンを起動するときに「SHIFTキーを押したまま」クリック!

ゼロから始めるVRChat

次の画面になるまで、SHIFTキーは押したままにしておいてください。

ゼロから始めるVRChat

この画面が表示されたら、以下の通り設定を変更しましょう。

  • Screen:自分のモニタの解像度に合わせて設定。
  • Graphics quality:VRゴーグルを使わないときにはDesktopLowに。
  • Select monitor:デュアルモニタを使っている人は自分の環境に合わせて設定。そうでない人はDisplay1で構いません。

次に、右上のチェックです。
Windowedのチェックを外すとフルスクリーンモード(全画面モード)に、チェックを入れるとウィンドウモードになります。

ウィンドウモードだと、画面の周りに枠がついた形になります。この状態だと、たとえ画面いっぱいに広げていても『フルスクリーン』ではありません。
操作がしづらかったり、マウスカーソルがあらぬ場所へ飛んでいったりしてしまいます。

その一方、ブラウザなど他の画面と見比べながら操作をしたい場合には、ウィンドウモードのほうが何かと都合がいい場合が多いでしょう。

すべて入力したら『Play!』でVRChatが起動できます。

他のアバターの表示制限

場合によっては、「他の人が使っているアバターが非常に重いために、自分のパソコンが処理しきれないでいる」という可能性もあります。
そんなときには、Safetyを調整してみましょう。

ゼロから始めるVRChat

まずEscapeキーでメニューを開き、『Safety』を選びます。
中はさまざまな設定ができるようになっていますが、全部を覚える必要はありません。

ゼロから始めるVRChat

最初はざっくりと、『重すぎるときには、Maxiumにして試してみればいい』と認識していれば大丈夫です。
自分で調整したい人は、一番右の『Custom』を使えば大丈夫。

ゼロから始めるVRChat

また、右上の『Performance Options』を選ぶと、細かい設定ができます。

ゼロから始めるVRChat

Dynamic Bone』を選んでチェックをONにすると、髪や服が細かく揺れるアバターに対して、一定以上は揺れないように制限がかかります。

VRChatが重すぎてちゃんと遊べない、という方は、色んな所の設定を変えてみるといいかもしれませんね。

終わりに

ゼロから始めるVRChat
出展ワールド:City of Glass

今回は、VRChatが重いときの対応方法について解説しました。

皆様、良いVRChatライフをお楽しみください!